【トヨタ】アクア NHP10H 新車 ボディー全面研磨

【トヨタ】NHP10H アクア 新車 ボディー全面研磨

入庫

今回入庫した車両は【トヨタ】アクア  NHP10Hです。
(画像はマスキングテープにより養生されております。)

こちらのお車は、ディーラに在庫として保管されていたものです。
在庫として数ヶ月の間、野ざらしで保管されていたため、水垢が付着し塗装面の光沢が失われていました。
そこで、お客様から当社にボディークリーニングの依頼が直接ありました。
お車の登録(ナンバーを取付ける)前に、コーティングをされるとのことでしたので、まだお客様も乗られていない新車になります。

見積

ご要望

・ボディーを綺麗にしたい。
・コーティングを行いたい。

以上のことから、ボディー全面軽研磨を提案させて頂きました。
新車ですから水垢と鉄粉さえ除去してしまえば、製造時の綺麗な状態に復元できます。
そして水垢を除去するのと同時に、研磨によってコーティング前の下地処理を行います。
ここまで難しい言葉が並びましたが要約すると、
塗装表面を綺麗にしてからコーティングを施工しよう!
ということです。

主な作業内容は、
○洗車(鉄粉、水垢の除去)
○ボディー全面軽研磨(※)
です。

※軽研磨とは…
研磨にはいくつか工程がありますが、1~2工程で行う研磨のことを指します。
今回の場合、全面を2回ずつ研磨を行うため、最低でも車の周りを2周回ることになります。
工程が増える。つまり時間が掛かるとそれに応じて工賃も割増になります。

概算

工賃 :40000円
小計 :40000円
※別途税

作業

洗車(鉄粉、水垢の除去)もとても大事な工程ですが、
このブログを拝見して頂いている皆様に1番見ていただきたいもは、
研磨実施前と後でどう違うのか。ということなので研磨実施前後をピックアップしていきたいと思います。

当社では研磨内容によっていくつもの機材を使い分けていますが、
新車の軽研磨ということで以下の機材を使用しました。
【左:ギヤアクションポリッシャー 右:細目コンパウンド(研磨剤)】

カラーがシルバーなので、一見すると水垢がわかりにくいですが、
以下の写真をご覧になっていかがでしょうか?

目に見えて綺麗になっているのがお分かりいただけると思います。
塗装表面もコンパウンド(研磨剤)によって平滑に処理され、
コーティングを施工した際により一層のツヤが出ます。

この研磨作業を全面に渡って行いました。

完成写真

コメント

この度は、当社をご指名頂き大変ありがとうございました。
せっかくの新車だから大事に乗りたいというお客様のお気持ち、お察しします。
今回のボディー全面研磨によってピカピカに仕上がっております。
この後ディーラ様にてコーティングを行うということで、
お客様のお手元に届くまで今しばらくお時間を頂戴するかと存じますが、お待ち下さいませ。
お客様が素晴らしいカーライフを過ごせるように願っております。

担当:千々岩

関連記事

  1. 【トヨタ】 Vitz NCP130 軽研磨&Wコーテ…

  2. 【トヨタ】86 ZN6 新車 ボディー全面研磨

  3. 【BMW】3シリーズ/セダン 左リアドア/左クオーター凹み …

  4. 【SUZUKI】ハスラー MR41S 右前後輪側溝脱輪 鈑金…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。