【トヨタ】86 ZN6 新車 ボディー全面研磨

【トヨタ】86 ZN6 新車 ボディー全面研磨

入庫

今回入庫した車両は 【トヨタ】86 ZN6です。こちらの86はマイナーチェンジ後の現行車になりますが、ディーラーの在庫として長期間保管されていました。
野ざらしで保管されていたため、水垢が付着しており、隅々は黒ずんでいました。
そのため、ご成約されたお客様より当社にボディークリーニングの依頼がありました。
登録(ナンバーを取付ける)前に、コーティングをされるとのことでしたので、まだお客様も乗られていない新車になります。

ボディーの状態を全体的に撮影してみました。

細部をアップにして撮影しています。
水平面には保護シールがはられているため、下の画像のように接着のりが残ってしまいます。

隅々に黒ずみが確認できます。
こちらは洗車のときに除去していきます。

一見するとわかりませんが、下画像の矢印で指している部分はウォータースポット(雨ジミ)になっています。
今回はこちらの除去も合わせて行います。

見積

ご要望

・ボディーのウォータースポットを取りたい。
・隅々まで綺麗にしたい。
・コーティングを行いたい。

新車ですが、ボディーの状態が善くありません。
ウォータースポットが極細目のコンパウンドでは除去できなかったためです。
コーティングも施工するとのことなので、ボディー全面3工程研磨を提案させて頂きました。
研磨施工によってコーティングの仕上がりがよくなり、耐久性も向上します。

主な作業内容は、
○洗車(鉄粉、水垢の除去)
○ボディー全面3工程研磨(※)

です。

3工程研磨とは…
工程ごとに使用するコンパウンド(研磨材)を細目,極細目,超微粒子という順に粒子の大きさを小さくしながら研磨する方法です。
細目のコンパウンドによってウォータースポットを除去します。
極細目のコンパウンドによって細目によりついた傷を目立たなくします。
最後に超微粒子のコンパウンドによってコーティングの下地処理行います。

概算

工賃 :60000円
小計 :60000円
※別途税

作業

洗車(鉄粉、水垢の除去)もとても大事な工程ですが、今回も割愛させてください。
研磨実施前後をピックアップしていきたいと思います。

ボディー全面3工程研磨ということで以下の機材を使用しました。

今回のポイントは、ウォータースポットを細目のコンパウンドでしっかりと除去することです。
目の荒いコンパウンドを使用すると、各隙間にコンパウンドが粉状となって詰まってしまいますのでその点も注意しなければなりません。
更に、細目のコンパウンドによってついた微細な傷を極細目のコンパウンドで研磨し目立たないように処理します。

マスキングテープを使って、各所養生を行います。
全体がわかるように撮影してみました。
最近の車は特に素地(バンパー等に写っている黒い部分)が多用されおり、
形状も複雑なため、養生を行うにも時間を使用します。
養生を行わないで研磨作業に移ると、素地部分にコンパウンドが埋まってしまい、
白い跡が残ってしまいます。 素地の部分の他に、ランプ類、ガラス、エンブレム、バイザー等も同様に養生を行います。
ランプ類やガラス(主にフロント廻り)については、新品の状態で表面にコーティングが施されている場合があるためです。
エンブレムについては、隙間にコンパウンドが詰まってしまうと除去が非常に困難であるためです。
バイザー等のプラスチック製の部品については、コンパウンドによって傷が深く入ってしまい、傷の除去に手間が掛かるためです。
塗装のときは細部までしっかりと養生する必要があるのですが、研磨の場合はポリッシャーが当たる部分のみ養生すると良いので、
画像のような養生の仕方で十分です。

研磨施工前後で一体どのくらい違いがあるのか。
気になる方も多いと思います。
下の画像を御覧ください。
施工後は水垢が除去されていて、LED照明の映り込み具合もはっきりとしていて、艶も違います。

さらにアップにして撮影しました。
LED照明の映り込み具合の違いがはっきりとしています。

細目コンパウンドの研磨工程によって下の画像の状態になります。
画像ではリヤガラスにたくさんのコンパウンドの粉が積もっているのがわかります。
しかし安心してください。洗車を行うことでコンパウンドの粉も残りません。

ルーフパネルの仕上がりです。
研磨後は、保護シールの跡も完璧に除去できています。
ルーフモールの溝の黒ずみも洗車工程の際に綺麗に仕上げております。

ボンネットの仕上がりです。
上のほうのボンネットの画像では、ウォータースポットが点在していました。
研磨後はウォータースポットや水垢が綺麗に除去されていて、
表面が滑らかになっているのが確認できます。
画像ではお伝えできませんが、洗車時のスポンジの滑りも良くなります。

隅々の仕上がりです。
ひと目で黒ずみが取れているのがお分かりだと思います。
コンパウンドの粉が詰まってしまった場合にも、
高圧洗浄機や専用シャンプーにて洗い流しています。

完成写真

コメント

この度は、当社をご指名頂き大変ありがとうございました。
今回はボディー全面3工程研磨によって塗装表面が綺麗に仕上がっております。
コーティング施工後は一段と輝きを放ってお客様のお手元に届く予定です。
お客様に「綺麗になった!」と喜んでもらえれば幸いです。
今しばらくお時間を頂戴するかと存じますが、お待ち下さいませ。

担当:千々岩

関連記事

  1. 【BMW】3シリーズ/セダン 左リアドア/左クオーター凹み …

  2. 【トヨタ】 Vitz NCP130 軽研磨&Wコーテ…

  3. 【トヨタ】アクア NHP10H 新車 ボディー全面研磨

  4. 【SUZUKI】ハスラー MR41S 右前後輪側溝脱輪 鈑金…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。